中小企業のための事業継続(1)

中小企業のための事業継続とは、どのようなものを考えたらよいでしょうか。
数回にわたって考えてみたいと思います。
BCPの本来の目的は、様々な状況においても企業が生き残るための準備をしておくことです。
外因、内因の様々の事象に対して強い企業を作る、強い企業になることです。
中小企業の場合、大企業と違いそんなに資金をありませんから、例えば地震対策で莫大な費用を掛けるわけにはいきません。
出来る範囲で最低限のことをすればよいのです。BCPでは目標復旧時間を決めるのですが、それは目安で構いません。
出来る範囲で最低限のことは、当然企業によって違ったものになります。大がかりでないからこそ、他社の例は通常当てはまらないのです。
例えば、地震が起きたらどうしようもない、そのときはそのとき、考えるだけ無駄ではなく、考えることから始めることが大切でしょう。

Follow me!